W-A コスト最適化の柱

马上开始. 它是免费的哦
注册 使用您的电邮地址
W-A コスト最適化の柱 作者: Mind Map: W-A コスト最適化の柱

1. COST 10. 継続的最適化

1.1. 新しいサービスを確認して実装する

1.1.1. ワークロードレビュープロセスを策定する

1.1.1.1. 新しいサービス、機能、コンポーネントを実装する機会があるか定期定期にレビュー

1.1.2. ワークロードを確認し、サービスを実装する

2. COST 9. 需要の管理とリソースの提供

2.1. ワークロードの分析

2.1.1. ワークロードの要件の把握

2.1.1.1. リクエストに対する応答時間

2.1.2. 分析

2.1.2.1. 需要の予測可能性と再現可能性、需要の変化率、需要の変化量

2.1.3. AWS Cost Explorer、QuickSight

2.2. 需要の管理

2.2.1. スロットリング

2.2.1.1. API Gateway

2.2.2. バッファベース

2.2.2.1. SQS、Kinesis

2.3. 動的供給

2.3.1. 需要ベースの供給

2.3.1.1. Auto Scaling

2.3.1.2. CloudWatch

2.3.1.3. ELB

2.3.2. 時間ベースの供給

2.3.2.1. Auto Scaling

2.3.2.2. AWS API、SDK、CloudFormation

2.3.3. 動的供給

2.3.3.1. コードに組み込む

3. 費用対効果の高いリソース

3.1. COST 5. サービスを選択する際にコストを評価する

3.1.1. 組織のコスト要件を特定する

3.1.1.1. 組織の優先順位を理解

3.1.2. すべてのワークロードコンポーネントを分析する

3.1.2.1. AWS Cost Explorer、CUR

3.1.2.2. カリキュレーター

3.1.3. マネージドサービス

3.1.3.1. 運用上の管理負荷の軽減、複数リソースの圧縮

3.1.3.2. マネージドデータベース

3.1.3.2.1. RDS、Redshift、ElastiCache

3.1.3.3. マネージド分析サービス

3.1.3.3.1. Athena、EMR、Elasticsearch

3.1.3.4. AWS Managed Services | AWS

3.1.4. サーバーレスまたはアプリケーションレベルのサービス

3.1.4.1. Lambda、SQS、SNS、SES

3.1.4.2. https://d1.awsstatic.com/whitepapers/architecture/AWS-Serverless-Applications-Lens.pdf

3.1.5. さまざまな使用量についてワークロードを経時的に分析する

3.1.5.1. 新しいサービスや機能がリリースされた際のレビューを実施

3.1.5.2. 使用パターンが変化した際のサービス切り替えの評価

3.1.6. ライセンスコスト

3.1.6.1. OSSの使用によるソフトウェアのライセンスコストの削減

3.1.6.2. ライセンスコストの評価

3.1.6.3. AWS License Manager(ライセンスの追跡、管理、制御)| AWS

3.2. COST 6. 正しいリソースタイプ、リソースサイズ、リソース数を選択する

3.2.1. コストモデリング

3.2.1.1. パフォーマンス効率の柱

3.2.1.2. AWS Compute Optimizer

3.2.1.3. CloudWatch 、Logs

3.2.2. メトリクスまたはデータベースの選択

3.2.2.1. ワークロードとリソースの特定に基づいてサイズやタイプを選択

3.2.3. メトリクスに基づく自動選択

3.2.3.1. AWS Auto Scaling

3.2.3.2. Amazon S3 の新しいストレージクラス、S3 Intelligent-Tiering を発表

3.3. COST 7. 最適な料金モデルを選択する

3.3.1. ワークロードのコストモデリングの実行

3.3.1.1. 料金のポテンシャルモデルを理解

3.3.1.2. コンポーネントの可用性要件を定義

3.3.2. アカウントレベルの分析を定期的に実行する

3.3.2.1. AWS Cost Explorer

3.3.3. AWS料金モデル

3.3.3.1. オンデマンド

3.3.3.2. スポット

3.3.3.2.1. 上限価格をオンデマンド料金として設定売る

3.3.3.2.2. できるだけ多くのインスタンスタイプに柔軟に対応する

3.3.3.2.3. ワークロードを実行する場所を柔軟に調整する

3.3.3.2.4. 継続性を考慮して設計する

3.3.3.3. Savings Plans

3.3.3.3.1. コンピューティング

3.3.3.3.2. インスタンス

3.3.3.4. リザーブドインスタンス

3.3.3.5. EC2フリート

3.3.3.6. 地理的選択

3.3.3.6.1. リージョン、アベイラビリティゾーン

3.3.3.7. サードパーティの契約と料金

3.4. COST 8. データ転送を計画する

3.4.1. データ転送モデリングを実行する

3.4.1.1. AWS Cost Explorer、CURによるデータ転送コストの理解

3.4.2. データ転送の最適化

3.4.2.1. コンテンツ配信やプレイべーと接続

3.4.2.2. WANの最適化、アプリケーションの最適化

3.4.3. データ転送コストを削減するサービスを選択する

3.4.3.1. CloudFront

3.4.3.2. Direct Connect、VPN

3.4.3.3. VPCエンドポイント

4. 経費支出と使用量の認識

4.1. COST 2. ガバナンス

4.1.1. 組織のポリシーを策定する

4.1.1.1. 組織がクラウドをどのように使用するか、リソースをどのように管理するか

4.1.1.2. リソースのライフタイム全体にわたる作成、変更、削除

4.1.1.3. シンプルなものにする

4.1.2. 目標とターゲットを策定する

4.1.2.1. 例)目標:ワークロードの効率を高める

4.1.2.2. 例)ターゲット:6-12か月ごとに効率を5%向上させる

4.1.3. アカウント構造

4.1.3.1. Organizations

4.1.3.2. 一括請求

4.1.3.3. AWS Control Tower

4.1.4. 組織のグループとロール

4.1.4.1. 組織内のユーザーの論理グループとロールの定義

4.1.5. コントロール - 通知

4.1.5.1. AWS Budgetsによる通知

4.1.6. コントロール - 実施

4.1.6.1. IAM、SCP

4.1.6.2. セキュリティの柱

4.1.7. コントロール - サービスクォータ

4.1.7.1. Service Quotas を活用し不要なリソースの作成を最小限に

4.1.7.2. AWS コスト管理サービス

4.1.8. ワークロードのライフサイクルを追跡する

4.1.8.1. AWS Config 、Systems Manager

4.1.8.2. 運用上の優秀性の柱

4.2. COST 3. コストと使用量のモニタリング

4.2.1. 詳細なデータソースを設定する

4.2.1.1. CUR

4.2.1.1.1. リソースID、自動更新、時間単位の詳細、バージョニング、データ統合

4.2.1.2. Glue、Athena、QuickSight

4.2.2. コスト属性カテゴリを特定する

4.2.2.1. 組織内でのコスト配分

4.2.3. ワークロードのメトリクスを確立する

4.2.3.1. ワークロードのアウトプットがビジネスの成功に対してどのように測定されるか

4.2.4. 組織としての意味をコストと使用量に割り当てる

4.2.4.1. タグ付けによる分類

4.2.4.2. AWS Cost Categories - Amazon Web Services

4.2.5. 請求とコストの最適化ツールを設定する

4.2.5.1. レポート

4.2.5.1.1. すべてのコストと使用量の要約

4.2.5.2. 通知

4.2.5.2.1. コストまたは使用量が超えた際の通知

4.2.5.3. 現在の状態

4.2.5.3.1. ダッシュボード

4.2.5.4. 傾向

4.2.5.4.1. 一定期間における変動

4.2.5.5. 予測

4.2.5.5.1. 将来の推定コスト

4.2.5.6. 追跡

4.2.5.6.1. 目標またはターゲットに対する現在値

4.2.5.7. 分析

4.2.5.7.1. ディメンション、時間単位

4.2.6. ワークロードメトリクスに基づいてコストを配分する

4.2.6.1. 時間単位での分析を推奨

4.3. COST 4. リソースを削除する

4.3.1. ライフタイム全体にわたってリソースを追跡する

4.3.1.1. 不要リソースの削除

4.3.2. 削除プロセスを実装する

4.3.2.1. 標準化プロセスの中で不要リソースの検索、削除を定義

4.3.3. リソースを削除する

4.3.3.1. コスト発生額が大きいもので分析を優先

4.3.4. 自動的にリソースを削除する

4.3.4.1. AWS Auto Scaling

4.3.4.2. カスタムコードの実装

5. COST 1. クラウド財務管理を実践する

5.1. 機能オーナーシップ

5.1.1. コスト最適化担当者を設定する

5.1.1.1. 個人またはチーム

5.1.1.2. コストの最適化(集中型アプローチ)

5.1.1.3. テクノロジーチームの集中化(分散型)

5.2. 財務とテクノロジーのパートナーシップ

5.2.1. 財務とテクノロジーの連携を確立する

5.2.1.1. ファイナンシャルリード

5.2.1.2. テクノロジーリード

5.2.1.3. 事業部門オーナー

5.2.1.4. サードパーティ

5.3. クラウドの予算と予測

5.3.1. クラウドの予算と予測を確立する

5.3.1.1. トレンドベースのアルゴリズム

5.3.1.1.1. コスト履歴を入力値として使用

5.3.1.2. ビジネスドライバーベースのアルゴリズム

5.3.1.2.1. 新製品の発売や営業地域の拡大など

5.3.1.3. AWS Cost Explorer

5.4. コスト意識の高いプロセス

5.4.1. 組織のプロセスにコスト意識を採り入れる

5.4.1.1. 変更管理にコスト測定を含める

5.4.1.2. コストの最適化が運用能力の中心要素になるようにする

5.4.1.3. オートメーションツール、ROI

5.4.1.4. トレーニングおよび開発プログラム

5.4.2. コストと使用量の最適化に関する報告と通知を行う

5.4.2.1. AWS Cost Explorer

5.4.2.2. AWS Budget

5.4.2.3. Amazon QuickSightとCURの組み合わせ

5.4.3. コストと使用量を事前にモニタリングする

5.4.3.1. ダッシュボードの使用

5.5. コスト意識を持つ文化

5.5.1. コスト意識を持つ文化を生み出す

5.5.1.1. 組織全体のコストと使用量にゲーム的要素を取り入れる

5.5.1.2. コスト効率を認識する

5.5.1.3. ワークロードのトップダウンの組織要件

5.5.2. 新しいサービスリリースに関する最新情報を把握しておく

5.5.2.1. AWSのニュースブログ、最新情報

5.6. コスト最適化によるビジネス価値の数値化

5.6.1. コスト最適化によるビジネス価値の数値化

5.6.1.1. コスト最適化のベストプラクティスを実行する

5.6.1.1.1. リソースのライフサイクル管理

5.6.1.2. 自動化を実装する

5.6.1.2.1. Auto Scaling

5.6.1.2.2. 信頼性の柱

5.6.1.3. 将来のAWSコストを予測する

5.6.1.3.1. AWS Cost Explorer

6. 設計の原則

6.1. クラウド財務管理を実装する

6.2. 消費モデルを導入する

6.3. 全体的な効率を測定する

6.4. 差別化につながらない高負荷の作業に費用をかけるのをやめる

6.5. 費用を分析し帰属関係を明らかにする

7. リンク