円山ショコラ詣でMAP

原稿代わりにこちらをお納めさせてください。

시작하기. 무료입니다
또는 회원 가입 e메일 주소
円山ショコラ詣でMAP 저자: Mind Map: 円山ショコラ詣でMAP

1. C’est BO et BON

1.1. フランスのパティスリーとショコラティエを経て東京のピエールエルメ製造責任者?からUターン。

1.2. 高品質なチョコレートの魅力を最大限に引き出すこのお店が、自分の街にあることに感謝です。 マカロンショコラが濃厚なクリームと溶け合ってゆく”食感のグラデーション”は、まるで精巧に計算されたケーキのよう。 お皿に載せれば幸せな香りがする「アルアコ」(名称不明)は、カカオハンターによる希少カカオのポテンシャルを最大限に引き出した傑作。

2. patisserie ASAKA

2.1. エーグルドゥース、そして星付きレストランのデセール担当を経たシェフパトロンのお店。ヴァンドゥーズもプロフェッショナル。

2.2. 19年開業当初はショコラトリー&パティスリーとうたっていたほど、ショコラの扱いが巧みなお店。 三つ星レストランのデザートとして考案されたモワールショコラ、ショコラの味と香りと輝きを楽しむケーキ、ミロワール。焼菓子ではカカオニブの香ばしさを楽しむヌガティーヌが好き。冬から春だけに作るプラリネ(型で作るタイプのボンボン)の繊細さと表情豊かさは札幌随一です。他にも記念日のケーキなどにショコラがよく登場するので見逃せません。

3. ショコラティエマサール

3.1. 北海道のショコラティエの先駆け。ヴァローナ社と共同開発したオリジナルクーベルチュール(素材用チョコ)2種が完成。

3.2. 代々のパティシエに受け継がれる「マリアテレジア」を現シェフがより一層デリケートにバージョンアップ。 芳醇でカカオの個性が伝わる2種のクーベルチュールでつくるボンボンは、この価格帯では稀な高品質。 ワンランク上の素材を手に入れ、マサール史上最高のおいしさになった今が食べどきかも。

4. Lumière et ombre

4.1. 言わずと知れた世界的ショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァンの日本での製造チーフを務めたショコラティエ。

4.2. まずは濃厚で表情豊かなクリオロ、初心者は早い者勝ちのエクレールを。 ボンボンかトリュフをひとつ店の外で口に放り込み(マスクをつけなおしてから)、プティガトーを選ぶのが楽しみ。 ガトーデザンファンはプチサイズでデギュスタシオン(お味見)ができる、高得点確定の手土産。