資料作成

Lancez-Vous. C'est gratuit
ou s'inscrire avec votre adresse e-mail
資料作成 par Mind Map: 資料作成

1. 集客から販売、リピートまでの全体像を見せる

2. 誰が・なにをして・どうなった?

2.1. 既に事業を抱えている忙しい経営者が

2.1.1. Lステップを導入することで

2.1.1.1. 既存事業の効率化ができるようになり、新事業を開拓していく余裕ができるようになる。その結果、全体的な売上が伸びる

3. 資料1:ホットペッパーなどの仲介業→LINE集客にしませんか?

4. キャッチコピー

4.1. ストーリー

4.1.1. V字回復

4.1.1.1. 〜〜でも〇〇できた

4.1.1.2. どのようにして、〜〜が〇〇できたのか

4.1.1.3. なぜ、LINEで〇〇できるのか

4.1.1.4. まさか、LINEで〇〇できるなんて

4.1.1.5. 〜でした。〇〇するまでは

4.2. ピアノコピー

4.3. 〜でこんな間違いをしていませんか?

5. 訴求作り

5.1. ターゲットを変えずに作る方法

5.2. 1:抱える強い悩み、欲求を洗い出す

5.2.1. 複数事業(既存ビジネスが在るから無理にオンライン化する必要がないと思っている)

5.2.1.1. 顧客管理コストの削減・自動化

5.2.1.1.1. リピーター生成

5.2.1.1.2. 新規顧客開拓

5.2.1.1.3. 顧客単価・成約率・LTV向上

5.2.1.2. 時短につながる・効率化できるならやってもいいかな?くらい

5.2.1.3. 新しい集客口ができると嬉しい

5.2.1.3.1. 求人媒体(マージンを抜かれる媒体)への依存をなくす

5.2.1.4. 費用対効果が本当に在るのか?回収できるのか?が疑問

5.2.1.5. 時間がない

5.2.1.5.1. 全部丸投げでやっておいてほしい

5.3. 2:解決できる要素を商品から掘り起こす

5.3.1. 仲介業者扶養で顧客獲得ができる

5.3.2. 既存顧客をリピーターにすることができる

5.3.3. 潜在顧客を顧客に変えることができる

5.4. 3:ほしいベネフィットに変換する

5.4.1. 具体的なベネフィットにする

5.4.1.1. 嘘っぽくない・現実的なもの

5.4.1.2. =証拠を見せる

5.4.2. 外部メディアに依存することなく良質な顧客を獲得し続けることができるようになり、売上が伸びていく

6. ターゲット

6.1. タイプ3

6.1.1. ベネフィットに興味はあるけれど、Lステップのことはよくわからない

6.1.1.1. 複数事業持ち

6.2. 訴求公式

6.2.1. 〇〇の方へ+〜〜に対する最高の解決策でこんなベネフィットがあるよ

6.3. DRM理解度

6.3.1. ほぼなし

7. A:行動

8. N:適合

8.1. 限定

8.1.1. 一度に多くの案件を抱えることはリソース的にできない

8.1.2. Lステップの問題点

8.1.2.1. ✅そもそもニーズのない商品を売ってる

8.1.2.2. ✅明らかに競合に劣った商品を提供している

8.1.2.3. ✅集客方法が一切ない

8.1.2.4. ✅LTVを上げるための障壁が多い

8.1.2.4.1. (満足度が著しく低い、リピート施策が一切ないなど)

8.1.2.5. Lステップ導入以前の話

8.1.2.5.1. どんなにいいリッチメニューやデザインがあっても

8.1.2.5.2. どんなに素晴らしいシナリオがあっても

8.1.2.5.3. どんなに情動的な動画あっても

8.1.2.5.4. それはあくまで

8.1.3. 導入前に

8.1.3.1. ✅どうやってLINEに集客する?

8.1.3.2. ✅LINEに入る前の事前の認知や教育は?

8.1.3.3. ✅商品は売るに耐えるものなの?

8.1.3.4. ✅LTVを上げる施策は裏に組まれてるの?

8.1.3.5. →LINEを入れれば売れるようになるわけではまったくない

8.2. 締め切り

9. O:販売条件提案

9.1. 価格

9.1.1. 初期の最低限の構築費用

9.1.2. 月事コンサル代

9.1.2.1. ✅ データ集計

9.1.2.2. ✅ 分析と報告

9.1.2.3. ✅ 改善提案

9.1.3. 成果報酬

9.2. リスクリバーサル

10. C:内容

10.1. マーケティング全体像

10.1.1. レベル別認知

10.1.1.1. 1

10.1.1.1.1. 商品が存在していて、一応売れている

10.1.1.2. 2

10.1.1.2.1. 再現性の在るビジネスモデルが確立できている

10.1.1.3. 3

10.1.1.3.1. 『広告にお金や時間を投資すれば、その分高い倍率で売上が発生する状態』

10.2. DRMを駆使したマーケティング

10.2.1. 集客

10.2.2. 教育=Lステップ

10.2.2.1. 順序立てて教育ができる

10.2.2.2. 顧客ごとに適した内容で教育ができる

10.2.2.2.1. 男性

10.2.2.2.2. 女性

10.2.2.2.3. 新規顧客

10.2.2.2.4. 既存顧客など、、、

10.2.2.3. 感情的価値

10.2.2.3.1. 一方感情的価値は増幅させることが可能です。 同じ商品でも売り込み方やブランディングの仕方で価値を増幅させ、値段を吊り上げることが出来るんです。 (正しく言うと値段を吊り上げる、というよりも異常に高い値段のものも売れてしまう、という感じ) ここが今回の話のポイント。 ホストで出るお酒って原価の10倍の値段って話

10.2.2.4. オフラインの行動すらも情報が取れてしまう=実店舗

10.2.2.4.1. 来店回数や頻度に応じて配信回数を変える

10.2.3. 販売

10.3. 新規顧客(見込み客)に対しては

10.4. 既存顧客に対しては

10.5. Lステップはコレを自動化することが可能になる

11. E:証拠

12. B:ベネフィット

12.1. 優秀な営業マンを雇わなくても商品がどんどん売れていく状態がkできる

12.2. 見込み客をリピータへと全自動で育てることが可能になり、手放しでも売上が伸びていく

12.3. 顧客リストを自社で管理するようになるため、求人サイトを利用して無駄な手数料が取られなくなる。その結果粗利が大きくなる

13. S:解決策

13.1. Lステップの導入

14. A:問題拡大

15. P:問題

15.1. 広告を回しても黒字にならない

16. =======骨格======

17. 3つのローンチパターン

17.1. オプトアフィリ

17.1.1. 営業代行系

17.2. オンライン講座

17.3. セミナー誘導

18. ===ターゲット設定など===

19. 資料2:実店舗系で顧客管理がかんたんになって、、、

20. LINEを使ったらどうなるのか?がわからない