ブレインドリブン

Jetzt loslegen. Gratis!
oder registrieren mit Ihrer E-Mail-Adresse
ブレインドリブン von Mind Map: ブレインドリブン

1. モチベ-ション

1.1. モチベーション

1.1.1. 行動の原因

1.1.2. 結果として行動が誘引される

1.1.3. 型

1.1.3.1. トップダウン

1.1.3.1.1. あれを考えよう

1.1.3.1.2. この勉強をしよう

1.1.3.2. ボトムアップ

1.1.3.2.1. お腹が空いた

1.1.3.2.2. 眠い

1.1.3.3. 一般的には、ボトムアップ型の方が強い

1.1.3.3.1. 大切

1.2. 結果に至る過程

1.2.1. 直接的な原因

1.2.1.1. 脳の中で起きる

1.2.2. 間接的原因

1.2.2.1. 直接的な原因に左右

1.2.2.2. モチベータ

1.3. モチベーションを感じている状態

1.3.1. モチベーション・メディエータ

1.3.1.1. ある特定の脳部位にモチベータが届けられたときに起こる神経細胞の反応

1.3.1.2. それに伴って放出される化学物質

1.3.2. 感じ、認知している状態

1.4. メタ認知

1.4.1. 自分自身

1.4.1.1. 客観視

1.4.1.2. 俯瞰視

1.4.2. メタ認知ができていない

1.4.2.1. 自分のモチベーションが高いか低いかもわからない

1.4.3. 一人ひとり異なる

1.4.3.1. モチベータ

1.4.3.2. モチベーション・メディエータ

1.4.4. 自分で自分の状態を認知しようとする

1.4.4.1. モチベーションとうまく付き合っていける

1.5. 神経科学的欲求五段階説

1.5.1. (1)延髄:呼吸/体温/心拍/血圧

1.5.2. (2)大脳基底核・中脳:快・欲

1.5.3. (3)間脳:自律神経系

1.5.4. (4)大脳辺縁系:学習系

1.5.5. (5)大脳新皮質:高次機能系

1.5.6. 上位の欲求ほどエネルギーを要する

1.5.6.1. 無意識的に選択されにくい

1.5.6.2. もとから強い神経回路を持ち合わせていない

1.6. マネジメント

1.6.1. お金

1.6.1.1. 脳にとって特異な刺激物

1.6.2. ポジティブなエピソードを伴う出来事

1.6.2.1. 脳に「価値記憶」として保存される

1.6.3. 価値記憶を伴う快の体験

1.6.3.1. お金で買えてしまう

1.6.3.1.1. 脳の中でお金が他に例を見ない存在

1.6.3.1.2. あらゆる価値記憶がお金と結びつく

1.6.3.2. 悪い方向に裏切られる→ネガティブな情動反応

1.6.4. 継続的にモチベーションを高める

1.6.4.1. 仕事や学習といった取り組みを設計

1.6.4.1.1. お金だけがモチベーションにならないように

1.6.4.2. 大事なこと

1.6.4.2.1. お金のような「結果」だけをモチベータとしない

1.6.4.2.2. 人に貢献したり感謝されたりする「経験」を重ねる

1.6.4.3. 脳は、新しい挑戦を好むようになってくれる

1.6.4.3.1. 大切に

2. ストレス

2.1. ストレスの原理

2.1.1. 脳

2.1.1.1. ストレスによって

2.1.1.2. パフォーマンス

2.1.1.2.1. 下がる

2.1.1.2.2. 上がる

2.1.2. ストレス反応そのもの

2.1.2.1. 生命活動をしていくうえで必要

2.1.3. ストレス反応を俯瞰的に捉える

2.1.3.1. 自分自身の身を守る

2.1.3.2. より高いパフォーマンスを発揮

2.1.3.3. 他人とのコミュニケーションを円滑に行う

2.2. 意味や役割

2.2.1. 受け取った情報がどのような種類のものであるかを伝える役割

2.2.1.1. 危険なものを見たときに、それが危険な存在と気づく等

2.2.2. 記憶力を高める役割

2.2.2.1. ストレス反応が起こる

2.2.2.1.1. 記憶定着率が上がる

2.2.2.1.2. 学習効果が高まる

2.2.3. 直感力

2.2.3.1. 瞬時に判断

2.2.3.1.1. 「何かがおかしい」

2.2.3.1.2. 「やばいぞ」

2.3. ストレスが起きた時の脳内の反応

2.3.1. ストレス反応が起こると、脳内で分泌

2.3.1.1. コルチゾール

2.3.1.2. ノルアドレナリン

2.3.1.3. ドーパミン

2.3.1.4. 適切に作用すると高められる

2.3.1.4.1. 注意力や集中力

2.3.1.4.2. 記憶定着率

2.3.2. 適切なストレス

2.3.2.1. 受けるストレス

2.3.2.1.1. やりたいと思っていることから

2.3.2.1.2. やろうとしていることから

2.3.3. 避けたほうがいいストレス

2.3.3.1. ストレス

2.3.3.1.1. 無意識に嫌な出来事を思い出したとき

2.3.3.1.2. 粗探しをしたりするとき

2.3.3.2. 過剰すぎるストレス

2.3.3.2.1. 思考などをつかさどる脳の前頭前皮質

2.3.3.2.2. うまく機能しなくなる思考停止してしまう

2.3.3.3. 慢性的なストレス

2.3.3.3.1. 常にストレスを感じる状態

2.3.3.4. ストレスを避けるのも一つの手

2.3.3.5. スキルも確保しておく

2.3.3.5.1. ストレスを抱えたとき

2.3.3.5.2. 自分の心理的安全性を確保する

2.3.3.5.3. ストレスを解消

2.4. ストレスとうまく付き合うためのヒント

2.4.1. 体がストレス反応を起こしているからといって、そのストレスを認識できているとは限らない

2.4.2. 脳は通常と異なる状態

2.4.2.1. 「体の中が何かおかしい」と知らせてくれる

2.4.2.2. だが往々にして、この知らせを無視してしまう

2.4.2.3. この脳からのサインに気づけるようになる

2.4.2.3.1. 普段から自分の内側に意識を向ける

2.4.2.3.2. 心地よいと感じることの「表面積」を広げることから始める

2.4.3. ストレスと付き合うのに役立つ

2.4.3.1. どこからストレスを受けているかを「棚卸し」する能力

2.4.4. 脳にとってもっともストレス

2.4.4.1. 認識されていない曖昧な状態が続くこと

2.4.4.2. いまこの瞬間に自分が受けているストレスの原因「ストレッサー」のなかから

2.4.4.3. 望ましいものと望ましくないものを取捨選択することに意味がある

2.4.5. モヤモヤする感覚

2.4.5.1. ストレスになり、「自分には向いていない」と感じてしまうことも

2.4.5.1.1. 大人になってから何かを学習

2.4.5.2. 学習により脳内で物理的な構造変化が起きている証拠

2.4.5.3. 学びがもっと楽しくなってくる

3. クリエイティビティ

3.1. 脳の不確実性がクリエイティビティを生む

3.1.1. クリエイティブな情報処理をしているとき

3.1.1.1. 脳の中では時間の進行とともに、使われる部位も変化

3.1.1.2. そのプロセスは複雑であるがゆえに、先天的なものと捉えられてきた。

3.1.1.3. 神経科学の観点から見れば、関与している多くの部位が後天的に育まれている

3.1.2. クリエイティビティを育む第一歩

3.1.2.1. 人間の脳の特徴であり強み

3.1.2.1.1. その学習のあり方の曖昧性や不確実性

3.1.2.2. 人は身体の内外からの刺激によって影響を受ける

3.1.2.2.1. 勘違いや意図しないことが起きる

3.1.2.3. 不確実性への気づきと受容

3.1.3. どうすれば能力が発揮できるかわからない状態

3.1.3.1. 人は積極的にクリエイティブな行動をとることができない。

3.1.3.2. クリエイティビティを前向きに活用する

3.1.3.2.1. 知っておいたほうがいい

3.1.3.2.2. 脳の活用の仕方とその理由

3.2. 身体イメージと共感が後押し

3.2.1. クリエイティビティを発揮する際

3.2.1.1. 身体イメージを脳内でシミュレーション

3.2.1.2. そのときの感覚や他者の感情まで再現している可能性が指摘されている

3.2.2. よりリアルに想像

3.2.2.1. クリエイティビティを高める条件の一つかもしれない

3.2.3. 思いついたとき

3.2.3.1. 身体感覚に関わる脳部位が特徴的に活性化している

3.2.4. 脳内で行われる情報処理は、圧倒的に非言語的なものが多い。

3.2.4.1. 身に付けた技能や感覚というのは、非言語的なもの

3.2.4.2. 自転車に乗る技能を言葉で説明するのが困難

3.2.4.3. クリエイティブな能力を育むうえでは大切

3.2.4.3.1. アートを嗜んだり

3.2.4.3.2. あえて非言語的な反応を言語化してみたりする

3.2.5. 「Use it or Lose it」の原則

3.2.5.1. その発揮に使われる脳機能を使えば育まれ、使わなければ失ってしまう

3.2.5.2. 大人になってからもクリエイティビティを育む

3.2.5.3. 先の見えない時代を積極的に楽しむこともできる

4. 参考図書 BRAIN DRIVEN ブレインドリブン パフォーマンスが高まる脳の状態とは 青砥瑞人 著 ディスカヴァー・トゥエンティワン

4.1. 詳細はこちらから https://www.amazon.co.jp/dp/4799326759?tag=flierinc01-22&linkCode=osi&th=1&psc=1

4.2. 組織づくりのことで、話を聴いてほしいと感じた方は、こちらからお申込み願います お問い合わせ