TTPSマネジメント

Jetzt loslegen. Gratis!
oder registrieren mit Ihrer E-Mail-Adresse
TTPSマネジメント von Mind Map: TTPSマネジメント

1. 参考図書 TTPSマネジメント 中尾隆一郎 著 ディスカヴァー・トゥエンティワン

1.1. 組織やチームにおけるヒトの問題についてお悩みの方はこちらから お問い合わせ願います

1.2. 詳細はこちらから https://www.amazon.co.jp/dp/4799326996?tag=flierinc01-22&linkCode=osi&th=1&psc=1

2. TTPSとは

2.1. TTPS

2.1.1. TTP(徹底的にパクる)+S(進化させる)

2.1.2. 徹底的にパクって進化させる

2.1.3. 組織や個人は自律自転できるようになる

2.2. 成果を出すポイント

2.2.1. TTPすべきポイントを正確にTTP

2.3. 成果を出すための3つのステップ

2.3.1. 1.天才的すぎないハイパフォーマーを特定

2.3.1.1. 一般の人が真似できる

2.3.2. 2.じっくり現状を把握

2.3.2.1. ハイパフォーマーへのインタビューなど

2.3.3. 3.比較

2.3.3.1. ハイパフォーマーとミドルパフォーマー(平均的な業績をあげる人)が実際にやっていること

2.3.3.2. 業務の流れと具体的な行動について、徹底的に比較

2.3.3.3. ハイパフォーマーがやっていて、ミドルパフォーマーがやっていないことを見つける

2.4. 定期的な仮説検証が新たなTTPSを生む

2.4.1. 定期的に振り返りを行う

2.4.1.1. さらに成果が上がりやすくなる

2.4.2. 仮説検証をくり返していく

2.4.2.1. TTPしていたハイパフォーマーを超えるような新たなポイントが見つかる

2.4.2.2. S(進化)への糸口

2.5. 制約条件理論とG-POP

2.5.1. 制約条件理論

2.5.1.1. 一番弱いところを強化すると成果につながる

2.5.1.2. いくら強化しても、成果は上がらない

2.5.1.2.1. 既に強いところ

2.5.1.2.2. 成果につながらないところ

2.5.1.3. 一番弱いところを強化(TTP)

2.5.2. G-POP

2.5.2.1. ゴールを定めて(Goal)

2.5.2.2. 事前準備をし(Pre)

2.5.2.3. 実行したら(On)

2.5.2.4. ちゃんと振り返る(Post)

3. TTPSを実践する5つのステップ

3.1. 1.ゴールを設定

3.1.1. ゴールが定まっていないなら、TTPしても意味はない

3.1.2. 重要な内容に関してTTPを活用すれば、仕事の効率が上がる

3.2. 2.TTPするところを見つける

3.2.1. より効果的なところを対象に

3.2.2. 参考:「制約条件理論」

3.2.3. 仕事における最も弱いスキル

3.2.3.1. 経験が少ないスキル

3.2.3.2. 訓練をしていないスキル

3.2.3.3. 特定

3.2.3.3.1. 苦手なスキル

3.2.3.3.2. 自分の過去の数値

3.2.4. 組織、事業、会社の場合も同様

3.2.4.1. 最も弱い箇所

3.2.4.1.1. 新人、異動者、転職者が多い部署

3.2.4.1.2. 正社員が少ない部署

3.2.4.1.3. 組織と組織の間

3.2.4.2. 弱い箇所を放置

3.2.4.2.1. 思うような成果は出せない

3.3. 3.ベストプラクティスを見つける

3.3.1. ありがちな失敗事例

3.3.1.1. 同じ部署の先輩や、聞きやすい先輩に教えてもらおうとする

3.3.1.2. 先輩たちが必ずしもプレゼンテーション力に秀でているとは限らない

3.3.2. 効率的に学ぶ

3.3.2.1. 一番プレゼンテーションが上手な人を見つけて、その人から教えを請う

3.3.2.2. 参考にできればもっといい

3.3.2.2.1. 業界で一番の人

3.3.2.2.2. 異業界に属している人

3.3.3. ハイパフォーマーの見える化

3.4. 4.学びの仕組み化でサイクルを回す

3.4.1. 大きな違い

3.4.1.1. 分かっていること

3.4.1.2. 実行すること

3.4.2. さらに大きな違い

3.4.2.1. 実行し続けること

3.4.2.2. 時々実行できること

3.4.2.3. 実行し続けられるような仕組みをつくる

3.4.3. 仕組みをつくる4つのポイント

3.4.3.1. Goal(ゴール)

3.4.3.1.1. 学び続ける組織をつくる

3.4.3.2. Pre(事前準備)

3.4.3.2.1. 事例共有の習慣

3.4.3.2.2. ロールプレイングでの共有実践

3.4.3.3. On(実行)

3.4.3.4. P(振り返り)

3.4.3.4.1. 活用に成功したものは継続的に実施

3.4.3.4.2. 失敗したもの

3.5. 5.進化させる

3.5.1. 1~4のステップがうまく回るようになってきた

3.5.1.1. S(進化)にステップアップ

3.5.2. 提案の「型」→マッチング率を向上→カスタマがスーモカウンターで過ごす時間の短縮

3.5.3. 現状把握→解釈→介入

4. TTPSを実践するコツ

4.1. 徹底的にパクる

4.1.1. 「徹底的に」パクらなければ、狙った成果は出ない

4.1.2. パクりにくいところにこそ、成果を出す秘訣がある

4.2. TTPしてうまくいかない

4.2.1. 原因は「方法」にあるのではなく

4.2.2. 原因

4.2.2.1. 「徹底的に」パクらなかったから

4.3. 正しい振り返りでノウハウをためる

4.3.1. 正しい振り返り

4.3.1.1. 施策の「仮説」と「結果」の「差異」

4.3.1.2. まとめて報告

4.3.2. 「仮説」がない「結果」だけの報告は、「振り返り」とはいえない

4.3.3. 施策を実施する前

4.3.3.1. 仮説をつくる

4.3.4. 結果が出た後振り返る

4.3.4.1. 仮説の何が仮説どおりか?

4.3.4.2. 何が仮説と違っていたのか?

4.3.5. 続ける

4.3.5.1. 組織に仮説立案のノウハウがたまる

4.3.5.2. 次に立てる仮説の精度が高まっていく

4.3.6. 2つ以上の視点で振り返ることも重要

4.3.6.1. 当事者が振り返ると、客観性が担保できないケース

4.3.6.2. 第三者の目を入れるようにする