ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考

Jetzt loslegen. Gratis!
oder registrieren mit Ihrer E-Mail-Adresse
ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考 von Mind Map: ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考

1. 生命原則を知る

1.1. 人間のすべての活動は生命原則に基づいている

1.1.1. 日々の活動の根底

1.1.1.1. 生命に共通した原理原則が存在

1.1.1.1.1. 個体として生き残り、種が繁栄するために行動する

1.1.2. 生命科学の視点に立脚

1.1.2.1. 世間の出来事のほぼすべてに説明がつく

1.1.2.2. より良い未来に進める

1.1.2.2.1. 生命の仕組みを知ったうえでそれに抗う

1.1.3. 視野を自在に切り替えて主観的な意志で行動

1.1.3.1. 自然の摂理に従いながらも希望に満ちた自由な生き方ができるようになる

2. 視野は広くも狭くも自由に設定できることが重要

2.1. 世界の見え方が変わる

2.1.1. 個人の死から生命の生存戦略

2.1.2. 個人の感情から遺伝子の機能へ

2.2. 視野

2.2.1. 時間的視野

2.2.1.1. 短期または長期スパン

2.2.2. 空間的視野

2.2.2.1. 現在という時間の中で物事を捉える

2.2.2.2. うまく設定しないと、物事を見誤る

2.3. ビジネス

2.3.1. 狭い視野で物事を考えている

2.3.1.1. 視野の外側にある本質を見逃す

2.3.2. どの視野で物事を見るべきかを意識する必要がある

2.4. 多様性は進化の一形態

2.4.1. 人間の体で細胞が分裂

2.4.1.1. まれにDNAのコピーミス

2.4.1.1.1. LGBT

2.4.1.1.2. 性の多様性という進化の一形態

2.4.2. ミスを完全に除外する仕組みが備わってこなかった

2.4.2.1. がんの原因

2.4.2.2. 理由

2.4.2.2.1. 進化

2.4.2.2.2. 生命にとってDNAのコピーミスを含む変異

2.4.2.2.3. 常に変化しつづける外界環境で生き抜くための手段

2.4.3. 人類はがんに侵され死んでしまうリスクを取りながら、命がけで種の存続を担保してきた

3. 生命の非効率は生存戦略の一環

3.1. 生命には一見非効率に思える仕組みがある

3.1.1. マクロの視点

3.1.2. 生命原則に基づいた活動の一部

3.1.2.1. 個体の「死」

3.1.2.1.1. 苦労してつくりだした命をわざわざ壊す現象

3.1.2.2. 感情

3.1.2.2.1. ストレスやトラブルのもと

3.1.2.2.2. 怒りの感情

3.1.2.2.3. 孤独感

3.1.2.2.4. 生存戦略上の必要性があるからこそ備わっている

3.1.2.2.5. 負の感情

3.1.3. 非合理的に思える「死」が存在

3.1.3.1. 目まぐるしく変化する環境の中

3.1.3.2. 生命単体が連続性を持ちつつ適応するのは難しい

3.1.3.3. 来るべき環境変化に備える

3.1.3.3.1. 新しい生命は生まれつづける

3.1.4. 生命にとっては生き残ることが最優先ミッション

4. 参考図書 ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考 高橋祥子 著 NewsPicksパブリッシング

4.1. 組織やチームにおけるヒトの問題についてお悩みの方はこちらから お問い合わせ願います

4.2. 詳細はこちらから ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考 | 高橋祥子 |本 | 通販 | Amazon

5. 生命原則に抗い主観を活かす

5.1. 課題は未来差分を意識することから

5.1.1. 周りにある課題

5.1.1.1. 個人レベル

5.1.1.1.1. 飢餓や貧困

5.1.1.1.2. 気候変動問題

5.1.1.2. 課題が存在

5.1.1.2.1. 課題の解決を主観的に望むから

5.1.1.2.2. 理想があって、はじめて現状が課題

5.1.1.2.3. 理想と現状の未来差分を意識することから生まれる

5.1.1.2.4. 理想の未来

5.2. 比較対象と主体を変えれば時間の認識は変わる

5.2.1. 生命原則に抗い、自由自在な時間軸を持つ

5.2.1.1. 私たちが認識する変化

5.2.1.1.1. 自然変化

5.2.1.1.2. 社会の環境変化

5.2.1.1.3. 個人の行動変化

5.2.1.1.4. 出生し老いて死ぬまでの生命変化

5.2.1.2. 時間認識は変化する

5.2.1.2.1. 年齢のわりに活躍

5.2.1.2.2. 起業したときに時間があっという間に過ぎる

5.2.2. 生命変化

5.2.2.1. 人によって異なる

5.2.2.1.1. 時間の過ごし方は人それぞれ

5.2.2.2. 自分の生命変化を軸に、行動変化を追っていく

5.2.2.2.1. 生きやすい

5.2.2.2.2. 人生の充実度も高くなる

6. 生命原則を生き方に活かす

6.1. 失敗許容主義は長期的な生存戦略に適している

6.1.1. ティール型組織

6.1.1.1. 組織をひとつの生命体として捉える

6.1.2. 企業活動と生命には共通点

6.1.2.1. 外界の環境変化に適応できるよう、体系的にシステム化し生き延びていく

6.1.3. 生物の多様性の本質

6.1.3.1. 生命全体として生存確率を上げる

6.1.3.2. 生命は「失敗許容主義」

6.1.3.2.1. 生き残ることができなかった生物種も存在

6.1.3.2.2. どのような変異が変化する環境に適応できるかを事前に予測できない

6.1.3.2.3. とにかくさまざまな可能性を試すしかない

6.1.4. 失敗を前提とした生存戦略

6.1.4.1. 短期的には非効率

6.1.4.2. 長期的には理に適っている

6.1.4.3. 企業の長期的な研究開発

6.1.4.3.1. 企業を取り巻く環境の変化が予測できない

6.1.4.3.2. どの長期研究が成果を出すか予測することは不可能

6.1.4.3.3. 大切にするべき

6.2. 立ち位置を変えれば思考枠は矛盾をも飲み込む

6.2.1. 人間の思考

6.2.1.1. 現実的な思考枠

6.2.1.1.1. 過去または現在の事象に影響を受ける

6.2.1.2. 理想を追う思考枠

6.2.1.2.1. 未来に起こりうる事象に影響を受ける

6.2.1.3. 過去の失敗と未来の可能性を切り離して考えることは可能

6.2.1.3.1. 一定の距離を置いて全体を見る

6.2.2. 会社経営

6.2.2.1. どちらを優先させるかで悩む

6.2.2.1.1. 直近の利益

6.2.2.1.2. 中長期的な利益

6.2.2.1.3. 現在だけでなく未来も思い描けている証拠

6.2.2.2. より広い視点から捉える

6.2.2.2.1. 短期的利益と長期的利益の両方を手にするチャンス

6.2.3. 思考枠を固定して、視野の設定を不自由にしてはならない

6.2.4. 自分がどの思考枠で物事を捉えているかを常に意識するのが重要