中小企業診断士

Kom i gang. Det er Gratis
eller tilmeld med din email adresse
中小企業診断士 af Mind Map: 中小企業診断士

1. 1|企業経営理論(マーケティング)

1.1. 1)マーケティングの基礎概念

1.1.1. 1:マーケティングの定義

1.1.2. 2:マーケティングコンセプト

1.1.3. 3:マーケティングの機能

1.1.3.1. マーケティングの4P

1.1.3.1.1. ①Product(製品)

1.1.3.1.2. ②Price(価格)

1.1.3.1.3. ③Place(場所)

1.1.3.1.4. ④Promotion(促進)

1.1.3.2. マーケティングの4C

1.1.3.2.1. ①Customer(顧客ニーズ、価値)

1.1.3.2.2. ②CustomerCost(顧客にかかるコスト、負担)

1.1.3.2.3. ③Convenience(利便性)

1.1.3.2.4. ④Communication(コミュニケーション)

1.1.4. 4 :ソーシャルマーケティング

1.2. 2)マーケティング計画と市場調査

1.2.1. 1:マーケティング環境分析

1.2.2. 2:ターゲットマーケティング

1.2.3. 3:市場ポジショニング

1.2.4. 4:マーケティングミックス

1.2.5. 5:市場調査(マーケティング)

1.3. 3)消費者行動

1.3.1. 1:消費者行動モデル

1.3.2. 2:AIDMA理論とイノベーションの普及活動

1.3.3. 3:組織購買行動

1.4. 4)製品政略

1.4.1. 1:製品の概要

1.4.1.1. 製品の機能

1.4.1.1.1. 製品の核(中核的製品)

1.4.1.1.2. 製品の形態(実際的製品)

1.4.1.1.3. 製品の付随機能(拡大的製品)

1.4.1.2. 製品の種類

1.4.1.2.1. 有形財(製品)

1.4.1.2.2. 無形財(サービス)

1.4.1.3. 消費財の分類

1.4.1.3.1. 最寄品

1.4.1.3.2. 買回品

1.4.1.3.3. 専門品

1.4.1.3.4. 非探索品(不求品)

1.4.2. 2:プロダクトミックス

1.4.3. 3:ブランド

1.4.3.1. ブランドのメリット

1.4.3.1.1. ①高付加価値

1.4.3.1.2. ②反復購買の推進

1.4.3.1.3. ③擬似的な独占

1.4.3.1.4. ④組織の方向性

1.4.3.1.5. ⑤認知度向上

1.4.3.1.6. ⑥コスト削減

1.4.3.2. ブランドの種類

1.4.3.2.1. ナショナルブランド(NB

1.4.3.2.2. プライベートブランド(PB

1.4.3.2.3. ジェネリックブランド

1.4.3.3. ブランドの基本戦略

1.4.3.3.1. 既存ブランド×既存製品 ライン拡張

1.4.3.3.2. 既存ブランド×新製品 ブランド拡張

1.4.3.3.3. 新ブランド×既存製品 マルチブランド

1.4.3.3.4. 新ブランド×新製品 新ブランド

1.4.3.4. ブランド採用戦略

1.4.3.4.1. 同質ターゲット×同質 ファミリーブランド

1.4.3.4.2. 同質ターゲット×異質 ダブルブランド

1.4.3.4.3. 異質ターゲット×同質 ブランドプラスグレード

1.4.3.4.4. 異質ターゲット×異質 個別ブランド

1.4.3.4.5. いずれも中程度 分割ファミリーブランド

1.4.3.5. (ブランド競争)

1.4.3.5.1. ブランド競争 同じ製品間

1.4.3.5.2. 形態競争 異なる製品だが目的が近い

1.4.3.5.3. 一般競争

1.4.4. 4:パッケージング

1.4.5. 5:新製品の開発プロセス

1.5. 5)価格戦略

1.5.1. 1:価格決定プロセス

1.5.1.1. 価格決定の検討要因

1.5.1.1.1. 外部要因

1.5.1.1.2. 内部要因

1.5.1.2. 価格決定プロセス

1.5.1.2.1. ①マクロ経済状況の分析

1.5.1.2.2. ②市場分析・標的市場の購買力評価

1.5.1.2.3. ③需要の予測

1.5.1.2.4. ④売上・利益・コスト分析

1.5.1.2.5. ⑤競合他社の価格分析

1.5.1.2.6. ⑥価格政策の確定

1.5.1.2.7. ⑦価格設定方法の確定

1.5.1.2.8. ⑧価格の確定

1.5.2. 2:価格政策

1.5.2.1. 新製品の価格政策

1.5.2.1.1. 初期高価格政策

1.5.2.1.2. 初期低価格政策

1.5.2.2. 心理的価格政策

1.5.2.2.1. 端数価格

1.5.2.2.2. 名声価格(威光価格)

1.5.2.2.3. 慣習価格

1.5.2.2.4. プライスライニング

1.5.2.3. 販売促進的価格政策

1.5.2.3.1. ロスリーダー政策

1.5.2.3.2. エブリデーロープライス(EDLP)政策

1.5.2.3.3. ハイ・ロープライシング

1.5.3. 3:価格設定

1.5.3.1. 価格設定の方法

1.5.3.1.1. コスト志向的

1.5.3.1.2. 需要志向的

1.5.3.1.3. 競争志向的

1.5.4. 4:価格調整

1.6. 6)流通チャネルと物流

1.6.1. 1:流通チャネル

1.6.1.1. 流通チャネル政策

1.6.1.1.1. 開放的チャネル政策

1.6.1.1.2. 選択的チャネル政策

1.6.1.1.3. 専属的チャネル政策

1.6.1.1.4. 統合的チャネル政策

1.6.1.2. 垂直的マーケティングシステム(VMS)

1.6.1.2.1. 企業型(メーカー主導

1.6.1.2.2. 契約型

1.6.1.2.3. 管理型(協調関係

1.6.2. 2:物流

1.6.2.1. 物流(ロジスティクス

1.6.2.1.1. 調達物流

1.6.2.1.2. 販売物流

1.6.2.1.3. 静脈物流(=回収物流

1.6.2.2. 輸送

1.6.2.2.1. ユニットロード

1.6.2.2.2. 一貫パレチゼーション

1.6.2.2.3. モーダルシフト

1.6.2.3. サプライチェーンマネジメント(SCM

1.6.2.4. サードパーティロジスティクス業者

1.7. 7)プロモーション

1.7.1. 1:プロモーションミックス

1.7.1.1. プロモーションミックス

1.7.1.1.1. 広告

1.7.1.1.2. パブリシティ

1.7.1.1.3. 人的販売

1.7.1.1.4. 販売促進

1.7.1.2. プッシュ戦略

1.7.1.2.1. 人的販売・販売促進中心

1.7.1.3. プル戦略

1.7.1.3.1. 広告・パブリシティ中心

1.7.2. 2:広告

1.7.2.1. 広告媒体(メディア)別のメリット

1.7.2.1.1. テレビ

1.7.2.1.2. ラジオ

1.7.2.1.3. 新聞

1.7.2.1.4. 雑誌

1.7.2.1.5. DM

1.7.2.1.6. 屋外広告

1.7.2.1.7. インターネット

1.7.3. 3:パブリシティ

1.7.4. 4:人的販売

1.7.4.1. オーダーゲッター

1.7.4.2. オーダーメイカー

1.7.4.3. ミッショナリーセールスパーソン

1.7.5. 5:販売促進

1.7.5.1. 消費者向け

1.7.5.1.1. ①POP広告

1.7.5.1.2. ②サンプル(試供品

1.7.5.1.3. ③ポイントカード

1.7.5.1.4. ④会員カード

1.7.5.1.5. ⑤クーポン

1.7.5.1.6. ⑥ノベルティ

1.7.5.1.7. ⑦プレミアム

1.7.5.1.8. ⑧発表会

1.7.5.1.9. ⑨実演販売

1.7.5.1.10. ⑩カタログ

1.7.5.2. 流通業者向け

1.7.5.2.1. ①リベート

1.7.5.2.2. ②アローワンス

1.7.5.2.3. ③販売店セールスコンテスト

1.7.5.2.4. ④販売店教育

1.7.5.2.5. ⑤販売店派遣

1.7.5.3. 社内向け

1.7.5.3.1. 特別賞与

1.7.5.3.2. 社内セールスコンテスト

1.7.5.3.3. セールス教育

1.7.5.3.4. 販売マニュアル作成

1.8. 8)応用マーケティング

1.8.1. 1:関連性マーケティング

1.8.1.1. 背景

1.8.1.1.1. 市場の成熟化

1.8.1.1.2. 優良顧客に対する差別化の認識向上

1.8.1.1.3. 製品ライフサイクルの短縮化

1.8.1.1.4. サービスの拡大

1.8.1.2. 顧客関係管理(CRM

1.8.1.2.1. RKM分析

1.8.1.2.2. FSP(Frequent Shoppers Program

1.8.1.3. ワントゥワンマーケティング

1.8.1.3.1. 市場シェア<顧客シェア

1.8.1.3.2. 顧客生涯価値(LTV)を重視

1.8.2. 2:サービスマーケティング

1.8.2.1. サービスの特性

1.8.2.1.1. ①無形性

1.8.2.1.2. ②品質の非均一性(変動性)

1.8.2.1.3. ③需要の変動性

1.8.2.1.4. ④不可分性

1.8.2.1.5. ⑤非貯蔵性(消滅性)

1.8.2.2. 体系

1.8.2.2.1. エクスターナル

1.8.2.2.2. インターナル

1.8.2.2.3. インタラクティブ

1.8.3. 3:Webマーケティング

2. 2|企業経営理論 (経営戦略)

2.1. 1)経営計画と経営管理

2.1.1. 1:経営戦略

2.1.1.1. =外部環境に対応するための経営資源の配分

2.1.2. 2:マネジメント・サイクル

2.1.3. 3:経営計画

2.1.3.1. ①

2.1.3.1.1. 全体計画(全体を対象にした総合計画)

2.1.3.1.2. 部分計画(各部門・職能を対象)

2.1.3.2. ②

2.1.3.2.1. 個別計画(特定のプロジェクト)

2.1.3.2.2. 期間計画(期間による分類)

2.1.3.3. ③

2.1.3.3.1. 戦略計画(環境適合)

2.1.3.3.2. 戦術計画(日常反復)

2.1.3.4. ④その他

2.1.3.4.1. コンティンジェンシー・プラン(代替的手段)

2.1.3.4.2. ローリング・プラン(過年度実績から定期的に計画)

2.1.4. 4:意思決定

2.1.4.1. アンゾフの意思決定分類

2.1.4.1.1. 戦略的(トップマネジメント

2.1.4.1.2. 管理的(ミドルマネジメント

2.1.4.1.3. 業務的(ロワーマネジメント

2.1.4.2. サイモンの意思決定分類

2.1.4.2.1. 定型的(マニュアル化できる

2.1.4.2.2. 非定型的(環境変化や例外的な問題

2.2. 2)階層別戦略と経営戦略の策定プロセス

2.2.1. 1:階層別戦略

2.2.2. 2:経営戦略の策定プロセス

2.2.2.1. 外部環境分析

2.2.2.1.1. ①顧客

2.2.2.1.2. ②競合企業

2.2.2.1.3. ③流通業者

2.2.2.1.4. ④供給業者

2.2.2.1.5. ⑤経済的環境(国内総生産、経済成長率、景気動向、金利変動、為替変動)

2.2.2.1.6. ⑥人口動態的環境

2.2.2.1.7. ⑦社会・文化的環境

2.2.2.1.8. ⑧政治・法律的環境

2.2.2.1.9. ⑨技術的環境

2.2.2.1.10. ⑩自然環境

2.2.2.2. 内部環境分析

2.2.2.2.1. ヒト

2.2.2.2.2. モノ

2.2.2.2.3. カネ

2.2.2.2.4. 情報

2.2.2.2.5. ノウハウ

2.2.2.3. SWOT分析

2.2.2.3.1. 機会×強み

2.2.2.3.2. 機会×弱み

2.2.2.3.3. 脅威×強み

2.2.2.3.4. 脅威×弱み

2.2.3. 3:事業ドメイン

2.2.4. 4:戦略と組織

2.3. 3)成長戦略

2.3.1. 1:アンゾフの成長戦略

2.3.1.1. ①既存市場×既存製品

2.3.1.1.1. 市場浸透戦略

2.3.1.2. ②既存市場×新製品

2.3.1.2.1. 新製品開発戦略

2.3.1.3. ③新市場×既存製品

2.3.1.3.1. 新市場開拓戦略

2.3.1.4. ④新市場×新製品

2.3.1.4.1. 多角化戦略

2.3.2. 2:多角化戦略

2.3.2.1. 水平的多角化

2.3.2.1.1. 生産技術を活かし、既存タイプ顧客へ提供

2.3.2.2. 垂直的多角化

2.3.2.2.1. 流通チャネルを伸ばす(例:ファミレスが食品加工業へ進出するなど

2.3.2.3. 集中型多角化

2.3.2.3.1. 既存市場×既存製品

2.3.2.4. 集積型多角化

2.3.2.4.1. 既存市場・製品とは関連なく、成長性・魅力度を勘案して実施

2.3.3. 3:M&Aと戦略的提携

2.3.3.1. 買収防止策

2.3.3.1.1. ①ポイズンピル

2.3.3.1.2. ②クランジュエル

2.3.3.1.3. ③ゴールデンパラシュート

2.3.3.1.4. ④ホワイトナイト

2.3.3.2. M&Aの種類

2.3.3.2.1. 合併

2.3.3.2.2. 買収

2.3.3.2.3. 合弁(JV)

2.3.3.2.4. 企業提携

2.3.3.3. M&Aの手法

2.3.3.3.1. TOB(Take Over Bid

2.3.3.3.2. LBO(Leveraged Buy Out

2.3.3.3.3. MBO(Management Buy Out

2.3.3.3.4. MBI(Management Buy In

2.3.4. 4:事業の再構築

2.3.4.1. リストラクチャリング(リストラ)

2.3.4.2. アウトソーシング

2.3.5. 5:産業クラスター

2.3.5.1. クラスター

2.3.5.1.1. 生産性向上

2.3.5.1.2. イノベーションの誘発

2.3.5.1.3. 新規事業展開

2.3.5.2. ダイヤモンドモデル

2.3.5.2.1. 要素条件

2.3.5.2.2. 需要条件

2.3.5.2.3. 事業戦略及び競争環境

2.3.5.2.4. 関連産業・支援産業

2.4. ★4)経営資源戦略

2.4.1. 1:経営資源戦略

2.4.2. 2:PPM(プロダグトポートフォリオマネジメント)

2.5. ★5)競争戦略

2.5.1. 1:業界の競争構造分析

2.5.2. 2:競争回避の戦略

2.5.3. 3:競争優位の戦略

2.5.4. 4:競争地位別戦略

2.5.5. 5:競争戦略に関するその他の事項

2.6. 6)技術系系(MOT)

2.6.1. 1:技術戦略

2.6.2. 2:研究開発管理

2.6.3. 3:イノベーション

2.6.4. 4:ナレッジマネジメント

2.7. 7)国際経営

2.7.1. 1:国政経営(グローバル戦略)

2.8. 8)企業の社会的責任(CSR)

2.8.1. 1:企業の社会的責任

2.9. 9)その他の経営戦略論

2.9.1. 1:戦略アプローチ

2.9.2. 2:その他の経営戦略論

3. 3|企業経営理論 (組織人事)

3.1. 1)経営組織の携帯と構造

3.1.1. 1:組織の定義

3.1.2. 2:組織の構成原理

3.1.3. 3:組織形態

3.2. 2)経営組織の運営

3.2.1. 1:モチベーション

3.2.2. 2:リーダーシップ理論

3.2.3. 3:経営者・管理者行動

3.2.4. 4:組織と文化

3.2.5. 5:組織開発と組織活性化

3.2.6. 6:組織学習

3.2.7. 7:組織間関係

3.2.8. 8:組織のコンティンジェンシー理論

3.2.9. 9:企業統治(コーポレート・ガバナンス)

3.2.10. 10:組織のパワーとポリティクス

3.2.11. 11:組織変革

3.3. 3)人的資源管理

3.3.1. 1:人事・労務管理

3.3.2. 2:雇用管理

3.3.3. 3:能力開発

3.3.4. 4:賃金管理

3.4. 4)労働関連法規

3.4.1. 1:労働基準法

3.4.2. 2:労働組合法

3.4.3. 3:労働安全衛生法

3.4.4. 4:労働者派遣法

3.4.5. 5:男女雇用機会均等法

3.4.6. 6:育児・介護休業法

3.4.7. 7:高年齢者等雇用安定法

3.4.8. 8:職業安定法

3.4.9. 9:社会保障制度

4. 4|運営管理(店舗・販売管理)

4.1. 1)店舗・商業集積

4.1.1. 1:店舗施設に関する法律

4.1.2. 2:店舗立地と出店

4.1.3. 3:商業集積

4.2. 2)店舗施設

4.2.1. 1:店舗機能

4.2.2. 2:店頭設計

4.2.3. 3:

4.2.4. 4:商品陳列

4.2.5. 5:証明と色彩

4.3. 3)商品仕入・販売(マーチャンダイジング)

4.3.1. 1:商品に関する指導

4.3.2. 2:商品予算計画

4.3.3. 3:商品計画

4.3.4. 4:商品調達・取引条件

4.3.5. 5:価格設定

4.3.6. 6:販売促進

4.4. 4)流通と物流

4.4.1. 1:流通

4.4.2. 2:物流

4.5. 5)流通情報システム

4.5.1. 1:店舗システム

4.5.2. 2:バーコードシステム

4.5.3. 3:商品コード

4.5.4. 4:電子商取引

4.5.5. 5:物流情報システム

5. 5|運営管理(生産管理)

5.1. 1)生産管理概論

5.1.1. 1:生産管理の基礎

5.1.2. 2:生産形態

5.2. 2)生産のプランニング

5.2.1. 1:工場立地

5.2.2. 2:工場レイアウト

5.2.3. 3:製品開発・製品設計

5.2.4. 4:生産方式

5.2.5. 5:生産管理方式

5.2.6. 6:生産計画

5.2.7. 7:購買管理

5.2.8. 8:外注管理

5.2.9. 9:生産技術

5.3. 3)生産オペレーション

5.3.1. 1:品質管理

5.3.2. 2:IE

5.3.3. 3:設備管理

5.3.4. 4:生産の合理化・改善

5.3.5. 5:廃棄物等の管理

5.4. 4)生産情報システム

5.4.1. 1:生産情報システム

5.4.2. 2:製品設計システム

5.4.3. 3:製造システム

5.4.4. 4:製造業の情報システム

6. 6|財務会計

6.1. 1)企業会計の基礎

6.1.1. 1:財務・会計

6.1.2. 2:財務諸表

6.1.3. 3;損益計算書

6.1.4. 4:貸借対照表

6.1.5. 5:キャッシュフロー計算書

6.1.6. 6:株主資本等変動計算書

6.2. 2)経営分析

6.2.1. 1:経営分析の基本

6.2.2. 2:経営分析における概念

6.2.3. 3:収益性分析

6.2.4. 4:安全性分析

6.2.5. 5:効率性分析

6.2.6. 6:生産性分析

6.2.7. 7:その他の経営分析

6.3. 3)管理会計

6.3.1. 1:CVP分析

6.4. 4)原価計算

6.4.1. 1:原価計算の概念

6.4.2. 2:個別原価計算と総合原価計算

6.4.3. 3:実際原価計算と標準原価計算

6.5. 5)簿記

6.5.1. 1:簿記の基本

6.5.2. 2:仕分け

6.5.3. 3:転記

6.5.4. 4;試算表

6.5.5. 5:機中取引

6.5.6. 6:決算整理

6.5.7. 7:精算表

6.6. 6)投資意思決定

6.6.1. 1:貨幣の時間価値

6.6.2. 2:設備投資の経済性計算

6.6.3. 3:不確実性下での意思決定

6.7. 7)コーポレートファイナンス(企業財務)

6.7.1. 1:資金調達

6.7.2. 2:資本政策

6.7.3. 3:株価の算定

6.7.4. 4:企業価値評価モデル

6.7.5. 5:債券価格の算定

6.8. 8)証券投資

6.8.1. 1:個別証券のリスクとリターン

6.8.2. 2:ポートフォリオ理論

6.8.3. 3:デリバティブ(金融派生商品)

6.9. 9)その他の会計制度

6.9.1. 1:企業結合

6.9.2. 2:税効果会計

7. 7|経営情報システム

7.1. 1)情報処理の基礎技術

7.1.1. ハードウェア

7.1.1.1. 1:CPU(中央演算処理装置)

7.1.1.2. 2:記憶装置(メモリ)

7.1.1.3. 3:仮想記憶システム

7.1.1.4. 4:インタフェース

7.1.1.5. 5:その他の周辺機器

7.1.2. ソフトウェア

7.1.2.1. 1:基本ソフトウェア(OS)

7.1.2.2. 2:アプリケーション

7.2. 2)情報処理の形態と関連技術

7.2.1. 1:情報処理の形態

7.2.2. 2:クライアント・サーバーシステム

7.2.3. 3:Webコンピューティング

7.3. 3)データベースとファイル

7.3.1. 1:データベースの構造・種類

7.3.2. 2:データベース管理システム(DBMS)

7.3.3. 3:関係データベースの正規化

7.3.4. 4:SQL

7.3.5. 5:データベース応用

7.3.6. 6:ファイル

7.4. 4)通信ネットワーク

7.4.1. 1:LAN

7.4.2. 2:OS I基本参照モデル

7.4.3. 3:TCP/IP

7.4.4. 4:通信プロトコル

7.4.5. 5:IPアドレス

7.4.6. 6:無線LAN

7.4.7. 7:通信方式

7.5. 5)システムの評価

7.5.1. 1:システムの性能評価

7.5.2. 2:システムの信頼性評価

7.5.3. 3:障害・故障対策

7.6. 6)情報システムの開発

7.6.1. 1:業務分析モデル化

7.6.2. 2:システム開発の手法

7.6.3. 3:プログラム設計

7.6.4. 4:システムテスト・導入支援

7.6.5. 5:オブジェクト指向

7.7. 7)情報システムの運用管理

7.7.1. 1:プロジェクトマネジメント

7.7.2. 2:プロジェクト計画策定法

7.7.3. 3:ソフトウェア開発見積法

7.7.4. 4:プロセス成熟度評価

7.7.5. 5:サービスマネジメント

7.8. 8)セキュリティとリスク管理

7.8.1. 1:暗号化技術

7.8.2. 2:認証技術

7.8.3. 3:不正アクセス防止対策

7.8.4. 4:ネットワーク犯罪

7.8.5. 5:無線LANのセキュリティ対策

7.8.6. 6:組織のセキュリティ対策

8. 8|経済学・経済政策

8.1. 1)国民経済計算の基本的概念

8.1.1. 1:国民経済計算と国民所得概念

8.2. 2)主要経済指標

8.2.1. 1:景気動向指数

8.2.2. 2:物価指数

8.2.3. 3:雇用統計

8.2.4. 4;その他の経済指標

8.3. 3)市場メカニズム

8.3.1. 1:市場の概念

8.3.2. 2:市場の均衡

8.3.3. 3:競争的市場の資源配分機能

8.3.4. 4:市場の失敗

8.4. 4)不完全競争市場

8.4.1. 1:市場構造と競争モデル

8.4.2. 2:独占市場

8.4.3. 3:寡占市場

8.5. 5)消費者行動と需要曲線

8.5.1. 1:効用理論

8.5.2. 2:予算制約と消費者の選択行動

8.6. 6)企業行動と供給曲線

8.6.1. 1:費用曲線

8.6.2. 2:利潤最大化行動

8.7. 7)財政政策と金融政策

8.7.1. 1:財政政策

8.7.2. 2:信用創造

8.7.3. 3:金融政策

8.7.4. 4:貨幣需要

8.8. 8)物価とインフレーション

8.8.1. 1:総需要・総供給曲線

8.8.2. 2:失業とフィリップス曲線

8.9. 9)IS−LM分析

8.9.1. 1:IS曲線

8.9.2. 2:LM曲線

8.9.3. 3:IS-LM分析

9. 9|経営法務

9.1. 1)会社、事業に関する知識

9.1.1. 1:企業形態

9.1.2. 2:事業のかいし

9.1.3. 3:株式会社の機関設計

9.1.4. 4:株式・社債

9.1.5. 5:組織再編

9.1.6. 6:倒産

9.2. 2)知的財産県に関する知識

9.2.1. 1:特許権

9.2.2. 2:実用新案件

9.2.3. 3:意匠権

9.2.4. 4:商標権

9.2.5. 5:著作権

9.3. 3)取引に関する知識

9.3.1. 1:法律に関する基礎知識

9.3.2. 2:契約に関する基礎知識

9.3.3. 3:国際取引

9.4. 4)企業活動に関する知識

9.5. 5)資本市場へのアクセスと手続き

10. 10|中小企業(経営)

10.1. 1)中小企業の動向

10.1.1. 1:中小企業・小規模事業者の動向

10.1.2. 2:人手不足の状況と雇用環境

10.1.3. 3:消費税率引上げの影響

10.1.4. 4:中小企業・小規模事業者を取り巻くリスク

10.1.5. 5:中小企業の労働生産性

10.1.6. 6:中小企業の新陳代謝

10.1.7. 7:経営者の高齢化と事業承継

10.1.8. 8:多様な企業の実態

10.1.9. 9:中小企業・小規模事業者の多様性と役割・機能

10.2. 2)新たな価値を生み出す中小企業

10.2.1. 1:企業が生み出す付加価値を労働生産性

10.2.2. 2:中小企業の競争戦略

10.2.3. 3:事業領域・分野の見直し

10.2.4. 4:製品・サービスの差別化

10.2.5. 5:無形資産の有効活用

10.2.6. 6:外部連携・オープンイノベーションの推進

10.2.7. 7:優位性の価格への反映

10.2.8. 8:取引構造の実態

10.2.9. 9:中小企業の下請構造

10.2.10. 10:取引関係と中小企業

11. 11|中小企業(政策)

11.1. 1)中小企業関連法き

11.1.1. 1:中小企業基本法

11.1.2. 2:中小企業憲章

11.1.3. 3:中小企業支援法

11.1.4. 4:中小企業等経営強化法

11.2. 2)支援機関

11.2.1. 1:政策実施機関

11.2.2. 2:政府系金融機関

11.3. 3)経営サポート

11.3.1. 1:ものづくり支援

11.3.2. 2:創業・ベンチャー支援

11.3.3. 3:経営革新支援

11.3.4. 4:新たな事業展開支援

11.3.5. 5:IT化支援

11.3.6. 6:知的財産支援

11.3.7. 7:再生支援

11.3.8. 8;雇用・人材支援

11.3.9. 9:海外展開支援

11.3.10. 10:取引・官公需支援

11.3.11. 11:経営安定支援・BCP

11.3.12. 12:小規模企業支援

11.4. 4)金融サポート

11.4.1. 1:資金繰り対策

11.5. 5)財務サポート

11.5.1. 1:税制

11.5.2. 2:事業承継

11.6. 6)商業・地域サポート

11.6.1. 1:商業サポート

11.6.2. 2:地域サポート